2007年01月06日

高校サッカー準々決勝

昨日(5日)全国高校サッカー選手権大会の準々決勝が東京・駒沢陸上競技場と横浜・三ツ沢球技場で行われ、岡山県代表作陽高校、岩手県代表盛岡商業高校、鹿児島県代表神村学園高校、千葉県代表八千代高校がそれぞれ勝ち進み、準決勝の組み合わせは、作陽高vs神村学園高、八千代高vs盛岡商高となりました。準決勝は今日、東京・国立霞ヶ丘競技場で行われます。
八千代高校が28年ぶりの国立、作陽高校、盛岡商業高校、初出場の神村学園高校がいずれも初の国立となります。
負けた静岡県代表静岡学園高校、広島県代表広島皆実高校、石川県代表清涼高校、福井県代表丸岡高校は、いずれも接戦を物に出来ず、国立への切符を手にすることが出来ませんでした。
残った4校の選手の皆さんには、残念ながら国立のピッチに立てなかった選手達の分まで精一杯のプレーを見せて欲しいと思います。
ラベル:国内サッカー
posted by ランプス at 01:43| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。