2007年01月08日

高校サッカー決勝

いや〜感動しましたねえ〜!!

何がって?今日の高校サッカーの決勝のことですよ。
岩手県代表盛岡商業高校vs岡山県代表作陽高校の試合は、どちらが勝っても初優勝と言うことのほかに、色んな伏線があったみたいで、見ていて感動してしまいました。
前半風上にたった盛岡商業が攻めますが、作陽も守備陣が踏ん張り一進一退の攻防は0−0で折り返します。
後半作陽は左ひざの怪我をしているエース村井君を投入、その采配がずばりとはまり、村井君のシュートがゴールバーに当たった跳ね返りをDF桑元君が押し込んで、作陽が先制します。
盛岡商業は先制されてから、サイドを再三攻めPKのチャンスを得ます。しかし、これを2年生キッカー林君が失敗、同点のチャンスを逃してしまいます。普通ならこれで、作陽に流れが行くもんなんですが、ところが、盛岡商業はここからかさに掛かったように攻め、71分に先ほどPKを外した林君が同点ゴールを押し込みます。サイドからの突破とそのグラウンダーのパスが林君の足元に行き、シュートしますがミス、これがフェイントのような形になって、同点ゴールが生まれました。
さらに盛岡商業は勝ち越し点を狙って攻めあがった作陽の攻撃を凌ぐと、終了間際の85分に勝ち越し点を奪います。
盛岡商業は後半になっても走り負けすることなく、ピッチを縦横無尽に駆け抜け、県勢初の優勝を成し遂げると共に、東北のチームの監督達が「あの人の執念は凄い」と舌を巻く齋藤監督に初優勝をプレゼントしました。
斉藤監督は声帯を1つ摘出しているそうで、大変な苦労があったと思われます。しかしこの優勝で、それも報われたんじゃないでしょうか。
負けた作陽も、最初は不良と言われた人たちと始めたそうで、強化の為の遠征に150qもバスを走らさないといけない地理的悪条件の中、正月の女子サッカー選手権大会で準優勝した、同じ美作地区の岡山湯郷Belleの分まで優勝しようと意気込んでいたようなんですが、惜しい結果に終わりました。
両チームとも最後まであきらめない、素晴らしいゲームでした。勝負の明暗を分けたのは、両チームの走力の差、特に盛岡商業の練習前に10キロ走って鍛えられた走力だったように思います。サッカーの原点を見たようなゲームでした。
ラベル:国内サッカー
posted by ランプス at 23:22| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは〜!
決勝、じっくり見たかったんですが、残念ながら流し程度にしか見れなかったです。かなり損した気分ですよ。トホホ。

これで高校サッカーは終わったわけですが、才能あふれる彼らにはぜひ、フットボールを続けてほしいですね。
Posted by パベル at 2007年01月09日 01:55
コメントありがとうございます。そしてお早うござます。
私の場合、前半はそんなにちゃんとは見れてなかったんですが、後半は見応えがありました。
パベルさんの仰るとおり、彼等にはJリーグでなくても大学、JFLなどでもフットボールを続けて欲しいと思います。
Posted by ランプス at 2007年01月09日 06:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。